後遺障害等級によって慰謝料が変わる?

交通事故に巻き込まれてしまった場合、一番気になるのがケガのことです。

当日は何もなくても、後日症状が現れることもあります。

病院に通い治療を行うことで完治すればいいのですが、完治しないこともあります。

どれだけ治療を続けても症状が改善されないのです。

これを症状固定というのです。

症状固定されると保険会社から治療費が打ち切られます。

完治せずに痛みが残ったまま症状固定された場合には後遺障害等級の申請を行うようにしましょう。

もし、後遺障害等級に認定されれば示談金がアップします。

この示談金は病院に通院していた慰謝料とは別にもらえるものです。

後遺障害慰謝料というのですが、認定された等級によって貰える金額も変わってきます。

こういったことは自分ひとりで行うのは困難なので、弁護士さんに任せるといいですよ。

弁護士さんならプロなので、色々なことも教えてくれます。

ひとりで抱え込まずに弁護士さんにお願いするようにしましょうね。

交通事故治療費打ち切りへの対策

今度こそはうまくいきたい

実は私、結婚に失敗しています。

高校生の時から結婚に憧れがあり、早くしたいと思っていました。

そんなときに出会った彼氏と2年ほど付き合い20の時に結婚しました。

最初はうまくいっていたんですよ。

しかし、だんだんと本性を出してきました。

ギャンブル好きというのを隠していたんです。

というか、隠れてギャンブルに行き多額の借金がありました。

結婚後に発覚したことなので、簡単に離婚はできません。

しかしお金のない生活は本当に大変でした。

なんとか頑張ってみたものの、溝は深まる一方です。

ギャンブルをやめようとしていないのを知ったときに離婚を覚悟しました。

この人と一緒にいても借金が増えるばかりで幸せになれないと思ったんです。

離婚を決めてからはあっという間の一年でした。

離婚後に付き合った人もいますが、まだ結婚には至っていません。

やはり一度失敗しているので慎重になります。

今度は結婚前に探偵にお願いして調査するつもりです。
結婚後に色々発覚しても嫌ですから。

結婚前調査の内容とおすすめ興信所

友達の彼氏

友達から付き合っている男性のことで相談を受けました。

お金を貸しているそうです。

金額を聞いて驚きました。500万だそうです。

そんなに貸したという事より先に、そんなに貯めてたことにまず驚きました。

私なんか全然貯金できない方なんで。

それで以前からちょこちょこ貸してたのだけど、ついに500万円に達して、さすがにこれはおかしいのではと思い、相談してみたそうです。

ちょっと遅くね?と思うけど、人を信じて疑わないところが彼女の魅力だし、彼にぞっこんだから仕方ない。

かなり前から結婚を持ち掛けられているとのこと。

しかし、話していくうちにもうひとつおかしな点を発見した。

今までエッチするのは彼女の部屋かホテルで、彼の部屋には行ったことがないらしい。

それで私はピーンときた。

「これって典型的な結婚詐欺じゃないの?」

結婚詐欺師は常に新しいカモを育てる必要があり、複数の相手と交際している。

だから、バレるのを防ぐために自分の部屋に呼んだり、真実の私生活を見せない。

あるいはお金にだらしない既婚者かもしれない。

そういうことを教えてあげると、さすがにショックだったらしく、泣かれた。

探偵を使って調べてみれば、と言ったのだけど、もう貢いでしまって依頼費用もないのだという。

大丈夫!世の中には安い探偵社もある。

でも、証拠がつかめても貸したお金は多分戻ってこないだろうな。

彼女は1文無しからの再スタートになるかもしれない。

とにかく幸せになってほしいな。とてもいい子だから。