後遺障害等級によって慰謝料が変わる?

交通事故に巻き込まれてしまった場合、一番気になるのがケガのことです。

当日は何もなくても、後日症状が現れることもあります。

病院に通い治療を行うことで完治すればいいのですが、完治しないこともあります。

どれだけ治療を続けても症状が改善されないのです。

これを症状固定というのです。

症状固定されると保険会社から治療費が打ち切られます。

完治せずに痛みが残ったまま症状固定された場合には後遺障害等級の申請を行うようにしましょう。

もし、後遺障害等級に認定されれば示談金がアップします。

この示談金は病院に通院していた慰謝料とは別にもらえるものです。

後遺障害慰謝料というのですが、認定された等級によって貰える金額も変わってきます。

こういったことは自分ひとりで行うのは困難なので、弁護士さんに任せるといいですよ。

弁護士さんならプロなので、色々なことも教えてくれます。

ひとりで抱え込まずに弁護士さんにお願いするようにしましょうね。

交通事故治療費打ち切りへの対策